マンションは転勤になっても賃貸に出せる可能性もあるけど当てにしちゃダメだよ!

マンションのこと

結論から申し上げますと、所有するマンションを賃貸に出すことは誰でも出来ます。

とは言えあなたの住むマンションの地域によって賃貸に出す難易度が上がるのは当然のことで、地域以外にも利便性や周辺環境、間取りなど賃貸に出す際に有利になるマンション、そうでないマンションは確かにあります。

 

しかし、とにかく何も気にしなければ、とりあえず誰でも買ったマンションを賃貸に出すことは出来ます。

じゃ〜何で、賃貸に出せると思ったら大間違いなのか?と言いますとですね。

スポンサーリンク

賃貸に出しても年間で利益が出ない可能性があるから

先に申し上げましたが、何も気にしなければ誰でも自分のマンションを賃貸にすることは可能でしょう。

しかし、自分が購入したマンションには大前提として住宅ローンという長く重い借金という呼び名をしている人がいるくらい厳しい返済があります。

 

マンション購入検討時に言われる、甘い誘惑 転勤になっても賃貸に出せばのシュミレーション

基本的にマンションのモデルルームに行って購入を検討しているサラリーマンを相手にした場合、購入価格も重要なんですが、さらに転勤など不測の事態に陥った際も想定して、購入するであろうマンションを賃貸に出した時のシュミレーション表もちゃんと作成してあります。

また中にはサブリースといったシステムも紹介してくれます。

これは、もし実際賃貸でいざ貸すとなると、貸している間は良いのでしょうが、万が一空室になった場合、当初見込んでいた賃料収入が入らなくなります。

 

これを解消してくれるとても素晴らしく感じるシステムであり、自分が受け取る賃料収入は賃料相場より低い金額を受け取り、サブリースしてくれる会社にマンションの賃貸管理をお任せするシステムです。

これをすることで、仮に空室の場合であっても賃料収入を受け取ることができるのです。(詳しくは専門家の方に相談してください)

 

そんな素晴らしい説明を受けると、万が一転勤などになったとしても、一旦賃貸に出して、また戻ってきた時は自分たちが住めばいいと思ったりするもんです。

また投資目的でもないのに、マンション購入する人の大半の方が何故か、どのつく素人なのに投資目線でマンション購入を考え出すのも不思議なもんなんです。

でも不思議なくらい、そんな雰囲気にさせてしまうのが、マンション購入というもんなんです。

 

年間で利益が出るか出ないかを軽く計算してみて下さい

単純なことですが、賃料収入に対して、現在の住宅ローン返済額、管理費、修繕積立金、固定資産税などを試算してみて下さい。

ここで大きく利益が出ると想定できる方は、マンション購入時に相当頭金を積まれた優秀な方でしょう。

逆に賃料収入より、マンションに対する出費が多い方もいるかもしれませんが、ここ最近の低金利を生かして、賃料収入に対して若干利益が出る方が意外と多いかもしれません。

 

住宅ローンを甘く見てると大変なことになる

しっかりと先を見据えてマンション購入を検討すべきでしょう。

もちろん万が一に備えてばかりでは楽しくないでしょう。

何よりマンションを購入する、検討するというイベントは、相当楽しいイベントなんで、十分楽しむ必要はあると思います。

でも、あえて言うのであれば住宅ローンは基本的に35年想定です。

最近低金利No1である10年固定も、10年後どうなっているかわかりません。人口が減り思っていた賃料が取れない可能性もあります。

今まさに自分の住んでるマンションの相場や査定価格が異常に気になる!
日本のマンション価格がすでにピークを過ぎて緩やかに下がってきているとも言われております。 しか...

 

マンション購入は楽しく、人生の最大の買い物イベントを経験し35年の呪縛に酔いしれよう

もしも?の想定が住宅ローンやマンション購入のラインナップはそれなりに揃っております。

  • もしも転勤になったら?
  • もしも自分が病気になったら?
  • もしも欠陥住宅であったら?
  • もしも修繕費が想定した金額より大幅にアップしたら?

まぁその他にもあるんでしょうけど。今回のタイトルである、転勤も、もしも?の中でも筆頭銘柄の一つでしょう。

転勤になったら賃貸に出すか、単身赴任か売却するの3択が基本です。

一番お金がかかるのはどれでしょうか?そして一番リスクが高いのはどれなんでしょうか?

そんなことは二の次です!

マンション購入は確かに高い買い物なので、慎重になるのは当然ですし、そうあるべきです。

でも一方でこのイベントを楽しみ、吟味して選んだマンションに入居した時の心地良さは、例えようのないとても不思議な気持ちにさせられます。

そうなんです、これから続くであろう、35年という呪縛を指折り数えるとは、その時は気づかないんでしょうけど。

こんなこと言いながら、こんな感じの投稿もしております。

転勤を恐れてマイホーム購入(住宅ローン)を躊躇するなら諦めた方がいい
マイホームを買うと転勤になる伝説?言い伝え?は本当なんですかね。 全国に支店を持つ企業に勤めて...

 

マンションを査定してみよう!

購入したマンションを賃貸に出すこと。これってなんだか投資家の気分に少しだけなるんです。しかしながら、転勤することで発生する余計な出費が何処まで耐えきれるか。。

それを考えると、一度自分のマンションがどれくらいするのか?ってことを考えてみるのもアリなんじゃーないかと思うのです。

自分の大切な資産の現状確認。これって凄く大切なことですよね。

スポンサーリンク
マンションのこと
スポンサーリンク
シェアする
eQcommonをフォローする
eQcommon – side B