サッカーの試合など子供を送迎するのも大変だけど、もっと大変なのは待つことだ!

サッカーのこと

サッカーに限らず、子供を試合場所である現地まで送迎するのって大変なんです

休みである土日を子供の為に使うことは決して大変なことだとは思わないんですが、送迎することで場所によっては、その後何もなくひたすら、試合観戦するわけです。

練習試合とかだと、4時間から5時間くらいの長丁場になることもあり、いっくら我が子が試合に出てたりしても流石に暇をもてあそぶ。

下の子を連れて来ようもんなら、暇のお相手が出来、楽しい時は楽しいんですが案外そうでないときのほうが多いわけです。

(独り言:風邪ひいて咳が止まらん。。暑いからマスクするのも辛い。のど飴って本当にこの時ほど役に立つ飴はないっと感謝してナメてます)

スポンサーリンク

乗り合いでの送迎もあるけど親同士の距離感で決まる

サッカーチームによりけりなんだと思います。中にはクラブチームでバスがあったりするちゃんとしたチームもありますし。あくまで送迎は親に委ねているチームもあります。

そんな送迎を親に委ねているサッカーチームが決して悪いわけではないです。なんなら事故などを想定すると、自分の車で送迎した方が安心感があります。

 

でもたまには別の用事もあり、乗り合いをお願いしたい時もあります。

そんな時大切なのが、これまで積み上げてきた親同士の距離感?親密度なんでしょう。しかもこの距離感は悲しいけど、子供のサッカーの実力に応じて親密度や距離感が変わってくるのも実際あるのです。

 

上手い子供の親同士は仲が良い

これどうしてもそうなっちゃうんです。何故なら上手い子供の親はサッカーに対する熱意も親として強いからなんです。

そんな親同士なんで話も合います。そして助け合いも生まれるわけなんです。

逆にそうでない子供たちの親もある程度親近感があるように見えますが、どうしても送迎などの手間のかかる助け合いになると何やら仰々しい感じになっちゃうんです。

でも別にどちらが正解か?というと、どちらでもないとは思います。性格にもよりますし、大人になれば、その場その場においての、自分自身のスタンスなんかもある程度、確立されているものです。

 

だから、そういう助け合いや乗り合いなどで、関係を持つこと自体が面倒な人は自分で自分の子供を送迎すれば、それで問題ないのです。

なぜなら、目的は子供をサッカーの試合場所まで無事たどり着かせ、車酔いさせずに試合に臨ませることが大切なんでしょううから。

 

本当に大変なこと、その日サッカーが終了するまで待つこと

僕だけですかね?いや基本的に僕の場合子供たちと一緒に練習したりするわけなんで、多少時間は潰せます。

でもたまに、下の女の子が一緒に来ることが最近多く、こうなるとやはり他人の子供より我が子になってしまうのか、下の女の子の面倒をひたすら見ることになる。

でもサッカーの試合をする場所なんで、気の利いた遊具があるわけでもなく、河川敷なんかでやもんなら何にもない!トイレも遠い!&汚い!しかも、和式しかない!なんてこともざらにあります。

 

最近の子供たちは和式トイレなんてほとんど経験することないんです。そしてこれからも経験することは少ないでしょう。なんとかならんもんですかね。

 

結局最後はスマホに頼る

まぁ最後の手段として残してます。基本的にはやらせない方向で望んでいるんですが、暇すぎる、おやつも食べ過ぎてる

こうなると最後の切り札として使えるのは、子供から大人まで愛されているスマホに頼るしかなくなります。

 

サッカーの試合で周りを見渡すと、小さい子供たちがスマホをいじっているのをよく見ます。これは決して、子供たちにゲームをやらして自分は楽しようと思っているわけではないのです。

最後の最後、もう辛抱たまらん!といよいよなった時に、子供にスマホを渡しているのです。

その姿を見て安易に、「こんなとこまで来てスマホゲームやらしている」なんて思わず、暖かい目で見てあげると良いかと思います。

子供のサッカーを応援したい親がとるべき究極の応援方法を教えます
子供のサッカーを応援する。子供が何かをやる時、応援しない親はいないと思います。 今回は、僕が結...
スポンサーリンク
サッカーのこと
スポンサーリンク
シェアする
eQcommonをフォローする
eQcommon – side B