少年サッカーで補欠の親がチームをサポートしてもいいんじゃない

サッカーのこと

まず最初に、少年サッカーにおいて補欠なんて言葉があること自体が痛いんですが、どうしても試合に出る子供と、出れない子供が出てくるのは人数制限もあり仕方のないところであります。

でもあえて今回のテーマに補欠という言葉を使った理由として、他に言い換える言葉が僕には思いつかなかったからです。(例えばBチーム?Bチームでも補欠はいるようなきがする)

 

少年サッカーチームにおいて大半のチームが避けては通れない親のサポート。

コーチを専門として、職業として生活されているの方は全国の少年サッカーチームのコーチ数から見ればごくわずかなのではないでしょうか。練習時のゴール設置、テント設置もっと言えば、審判免許まで所得しちゃう親もいます。

 

大勢の子供がいるとどうしてもコーチだけでは目が通らないのが現実であり、親自身ももっと自分の子供に目をかけて欲しい!

何て口には出さないけど心の中で思っている人もいるでしょう。(思って当然です!自分の子供ですから)でも中々そうはいかないのが現実であります。

そして大会などになるとコーチたちは審判も兼務することになり、より一層自分のチームを見ることが出来なくなります。

そんな時に親のサポートがあると大変助かるんです。

じゃー誰がサポートするの?率先してやってくれる人がいればいいんだけど、子供はサッカー上手いけど、親は全く知らないなんてケースも多々あり、サポートレベルにもよりますが結果としてはサッカー経験者などの親たちがサポートすることになります。

スポンサーリンク

チーム内でレギュラーとされる子供の親がやるべきなのか?

コーチたちから良く聞く言葉として、チームを代表して戦っているなんて言いますよね。

そう思っているのはコーチと、代表として戦っている親だけなんじゃーないでしょうかとも思います。

綺麗事で解決するのは好きじゃないのでここはあえてヒネくれてみました。

 

チームを代表して戦っているのだからその親も代表として色々やるべき?

まさに連帯責任ですね。切っても切り離せない親子の関係を考えると、そういう言い分もアリなのかなぁ?と思うところもあります。

 

またレギュラー(今回はそう呼びます)の子供たちは試合の頻度も多く、人数制限や相手チームのレベルによって呼ばれない子供たちの分まで、チームを代表して戦っていると考えるのか、その分多くの経験を同じ月謝で経験していると感じるのかは人それぞれなんでしょうけど、少なくともチーム内で多くの経験を与えてもらっているのは確かな事実であります。

 

なぜ多くの経験を与えてもらえるのかはここでは多くをここでは触れませんが、一言で言えば「上手いからです」は違います、本当の理由は「今よりもっと早く上手くなっていこうと自ら行動しているからです

そして必死に楽しく練習をしているからです。

その親が結局自分の子供の送迎のみで、他のサポートは全くしない!補欠の子供の親からすれば多少反発が出てもおかしくないでしょう。そして、言います「レギュラーの親がやればいいのに!

 

補欠の親とか関係なく、自分自身もサッカーが楽しめる喜び

なかなかサッカーを趣味として楽しむ機会って、いい歳になってくるとないものです。

また、フットサルとか遊びでみんなでやると、その後の飲み会の方が盛り上がっていき一体何しに行ったんだろうと飲み過ぎを後悔する時もあります。(なんならフットサルの時は来なくて飲み会だけ参加する人もいるしね!)

 

まぁ自分の子供が行かない試合までに参加して審判やることはないとは思いますけど、少なくとも子供が試合や練習に参加している時は、審判をやったり、一緒に練習に参加することで、なんとなくですがストレス発散?運動不足の解消にはなるんじゃないでしょうか?

まさか、チームに貢献することによって自分の子供をヒイキして欲しいなんて、下心全開だと困りますけど。

無償の貢献ほど辛いものはないと思いますし、逆に素晴らしいことと感じる部分もあります。

 

無償の貢献を有償に変えるには

子供がもっとヒイキされること!ではないです。もしあからさまに、そんな行為をすれば周りの反発以上に、自分自身がいづらくなることは大人として容易に想像つく結果ですしね。

ではではどうやったらこの、冷めた目で見ると何の得も感じない、補欠の親がサーポートする無償の貢献を有償に変えることが出来るんでしょうか?(ないんですけどね)

子供のサッカーチームで4級審判員をやるなら覚悟して臨むべきだと感じるよ
子供のサッカーチームで頑張る親さん。色々なところで助けて貰っているんだと感謝しております。 練...

 

 

気の持ちよう!遊びを経験と考えるのは子供だけではないでしょう?

です!少年サッカーチームをサポートしても給料は上がりません。

でもそうそう出来る機会なんてないでしょうし、子供がサッカーチームに入ってなかったら恐らく一生審判の免許なんて取ることもないでしょう。別にこれを先々何に生かす必要もないでしょう。

補欠の親とか関係なく、自分自身の楽しみとして楽な気持ちで望めばいいんじゃないですかね。

別に仕事が辛いわけではないでしょう?残業も対してする必要もないですし、何なら残業代なんて管理状態ではない職位の方もいるんだと思います。

18時ピッタリに仕事を終了し、子供のサッカーチームのナイター練習に行ける余裕は素晴らしいことです。

サポートしたくても、毎日仕事で大変な方もいらっしゃいます。土日もしっかり休みが取れていることもあり難い話なんです。

ましてやサポートなんで、コーチたちのような責任も全くない立場なのでもっと楽な気持ちで望んでもいいんじゃないですかね。

サッカーを習い事の感覚で通っている子供は伸びるスピードが遅いと思う
お受験じゃないですが、最近の子供たちは本当に習い事が多くて大変だなぁと思う反面、羨ましい気もしますね...
スポンサーリンク
サッカーのこと
スポンサーリンク
シェアする
eQcommonをフォローする
eQcommon – side B