足元の上手いゴールキーパーになれたらいいなぁ!

少年サッカーでゴールキーパーって結構難しいポジションです。技術的な部分、そもそも人材的な部分。身体的な部分とゴールキーパーを選ぶことはとても、難しく、子供達にとってもデリケートなポジションでもあります。

そんなゴールキーパーですが、比較的狭い少年サッカーのフィールドでは攻撃の起点としてなれる時も多いのです。

だからこそ足元の技術も求められる。求めたくなる?

スポンサーリンク

攻撃の起点にもなれる!

少年サッカーではゴールキーパーは大切な役割をすることになります。守備の要であると同時にそこから攻撃をする起点ともなるからです。

パスとキープは大切な役割の一つといってもいいでしょう。単に前にボールを蹴ってもそれが相手に渡ってしまっては意味がありません。

見方にしっかりとボールが渡るようにしてこそ、それを攻撃につなげることが出来るようにもなります。

ボールさばきを判断すること

また、攻め込まれている時にはむやみに蹴り出さないというのも一つの方法です。キープをすることで、相手の攻撃を中断させる効果を期待することも出来ます。

人は優勢と見るとどんどんとかさにかかって攻め込むところがありますが、そうではない見るとすぐに切り替えをする必要があることも悟るものです。

周りが見えるからこそ声を出せ!

攻撃と守りのバランスを考えて味方に指示をだすのもゴールキーパーの役目ということにもなります。
何しろゴールキーパーは最後尾ににいるので、試合全体を冷静に見ることが出来ています。

どこにスペースがあって、敵と味方がどこにいるのかが分かっているわけですから、これを利用して見方が有利になるところにボールを出すことで試合を作っていくことも出来るというわけです。

足よりも正確な手があるじゃないか!

手でボールが持てるのは唯一ゴールキーパーだけですから、これによってより正確にボールを持っていきたいところに持っていくことが出来ます。

ペナルティーエリアの外では持ちあることは当然出来ませんが、ペナルティーエリア内は自由にボールを持ち歩けるわけで、これを利用することで試合を有利にコントロールすることも出来るのです。

単にボールを手で持てるというだけではなく、そのルールを最大限に活かして味方にとって有利になるようにしていくのがゴールキーパーの役目です。

ゴールキーパーをやるメリット

試合全体を見ていれば自分が今何をすべきなのかということも分かってくるでしょう。

味方に対して指示を出していくことも出来るので、ゴールキーパーの役目は少年サッカーでは大きな意味があるといえるでしょう。

特に声が出ない子供たちにゴールキーパーを任せてみたり、直線的な動きを得意とする子供に全体を見る経験をさせるにはゴールキーパーは、うってつけの練習となるでしょうね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする