少年サッカーの一対一で勝つために必要こと

サッカーでは、もちろんノーマークでシュートを決めることが、一番安全に点数が獲得できるので望ましいことになります。

しかし、試合で勝ちあがることで、実力が近いチームとの対戦になってきます。

そして、ノーマークはなかなか作りにくくなることが想定されます。この時には、競り勝つことが重要なポイントになってきます。

スポンサーリンク

一対一で勝つことを求めたい

相手チームの選手に競り勝つには、一対一で勝つことが必要です。具体的には、「ボールキープで勝つこと」と「ドリブルで勝つこと」が必要です。

では、「ボールキープで勝つこと」が実現するためには、どうしたらよいでしょうか。

ボールを足で的確に動かせるようになるために、ボールコントロールの力量をつけることが必要です。

サッカーの基礎なんですよ!

リフティングや、2つのポールの周りで8の字にドリブルすることなどの練習をします。

練習の成果として、相手チームの選手から、ボールを守りつつ、攻撃に展開できるように体を動かせるようになることが必要です。

ドリブルで喝!

「ドリブルで勝つこと」が実現するためには、どうしたらよいでしょうか?

「ボールキープで勝つこと」と同様に、ボールを足で的確に動かせるようになるために、ボールコントロールの力量をつけることが必要です。

ドリブルが常に自分の意志でコントロールできるようにします。相手チームの選手との競り合いでは、スピードが必要な時もあります。

安全にドリブルをしながら、はやく移動できることが大切です。

相手チームの選手から、ボールを守れるように、「ボールと相手選手の間に自分の体がいること」が大切です。

ボールキープとドリブルに言えることは、相手チームの選手との駆け引きが重要な一つのポイントです。

「パスするかもしれない」

「右(左)にドリブルするかもしれない」

ということがいつもあると、相手チーム選手はなかなか動きづらくなります。このために基本として、適宜、ボールを見ながら、なるべくコートに顔が向いていることが必要です。

また、相手の選手の体の動きの逆方向に攻撃を展開することも有効な方法です。
小学生には、無理な練習などで体を壊さないためにも、安全に正しく指導してくれる心の正しい指導者と一緒に練習することが望ましいです。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする