少年サッカーでも得点が入る予感がする子供は少ない?

サッカーは点取ってがナンボ!これは子供だろうが、大人だろうが、プロだろうが子供だろうが何も変わらんのです。

得点の予感がしない。。もう一つ点が取れそうな「ヤツ(人)」って、なんかいるんです。それは、ホントいるんです。

スポンサーリンク

得点が取れる匂いがする人

何だろねーこれって。正直僕には明確な答えが出せない。。だからそのようなプレイヤーになりたいと言われても、確実になれる為の練習方法なんて知らない。

まぁ当たり障りないこと言えば、「練習すること」それ以外に何もない。

特徴はあるのか?

それでもやっぱり点が取れる子供には、ある程度特徴はあるとは思う。僕が思うには

  • とにかくシュートで終わらせる気持ちが強い
  • ある程度はスピードがある
  • シュート力がある
  • 動き出しが早い
  • 顔がかわいい(冗談です)

まぁこの辺りは必須かもしれません。

シュートで終わらせる気持ち

特にシュートで終わらせる気持ちが強くないと、見てる側からシュートが打てると思っていても、やたらとラストパスにこだわってるのか、より安全な方を選んでいるのか、外した責任を負いたくないのか、どれがどうかはわかりませんが、得点が入りません。

またシュート力(キック力)が強いのも、かなりのアドバンテージであり、キック力がある子供は自分がそうだと認識しておりますから。

シュート力を上げるために筋トレすべきか?
筋トレって大人でも大変!正直1・2週間程度なら、なんとかなったとしても1ヶ月・2ヶ月と続けるのは、目的意識を常に維持させないと出来ない。 ...

動き出しが早い

僕の中で、ここは「速い」ではなくて「早い」って感じですかね。要はどれだけスピードがあっても、どこに動き出すのか?どのタイミングで動き出すのか?

この情報をどれだけ早く、誰よりも早く入手出来る「早さ」がとても重要なのだと思います。

実は子供でもそう思っている

よくると思うのですが、必ず最後にパスを貰える子供。実力という差もあるのかもしれません。しかし、子供であってもやはり点を取りたいと思い、どうすれば点が取れるのか?

そこで考える。。自分と「そいつ」では、どっちが点を取れる確率が高いのか?

これ遠慮でも何でもないんだと思います。結果としてそこで選択してしまう。選択される。

子供のレベルが上がると尚更そうなる

サッカーが上手くなればなるほど、チームのレベルが上がり、その相手も強くなると、得点がなかなか取れなくなります。

そして「得点が取れる選手」はより一層必要になってくる。

そして子供でも「それが必要なんだ!」と思っている。

できれば色々なポジションを経験させてあげるべきであろうと思っているけど、大事な試合で迷いが生じて得点力不足で負けてしまう。。なんてこともあるかもしれない。

点を取るだけが「匂いのある選手」じゃーない

意外とここだ一番大事なのかもしれません。これも具体的な何かがあるわけではないのですが、よく言われる「違いが生み出せる!」そんな感じですね。

これも正直明確に誰がどうとか、どういうタイプがそうなのかは結論でないでしょうね。

最終的にはチーム内のバランスだと思う

もうこれに尽きるような気が僕にはします。たとえ上手い子供ばかり集めても、なんだか似たようなタイプの選手ばかりだと、意外と点が入りズラい。

逆に少し下手くそでも、リズムやテンポが違う選手を入れると、何故かチャンスが増えている。そんなシーンを幾度となく見てきました。

でもこれが正しいかどうかはわかりません。

組織というのは、どこまでもいつまでも、悩み続けるもんなんでしょうね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする