中学受験の塾代をなめたらいかん!マジで覚悟?余裕の表情?

中学受験の塾代って、どれくらいするのだろう?何年生から塾に行くべきなのか?なんてお悩み抱えて知らぬ間に子供は塾通いしているもんです。

まぁ高くつくってことは、すでに答えとして出ていることなんだけど、参考程度に見てくださいな。

スポンサーリンク

塾代のピークは小学6年生

当然といえば当然のこと。後1年足らずで、本番を迎えるわけですから。もちろん塾代もMAX高いです。

平日の殆どを塾通いになり、5年生の時よりも、毎月の塾代だけでも数万円アップなんて、当たり前の話。

塾代としては、平均レベルで考えても、年間60万〜80万程度は必ずかかるのではないでしょうか。

各種特別講習が目白押し!

5年生でも4年生でも特別講習というカテゴリはあるのはあります。でもまだまだ先だから。。とう理由で行ってない子供も多いはず。

しかし小学6年生になれば問答無用!

いかなければヤバい。安心ゾーンに入る為には是が非でも行かなければならない。塾によりけりですが、特別講習になると、出来るできないでクラス分けをしたりもします。

ということはその時点で既に「黄色信号」の子供かどうかを判別することが出来るのです。

特別講習は色々あります。6年生になる前から考えると。。

  1. 春期講習
  2. ゴールデンウィーク講習
  3. 夏期講習
  4. 冬季講習
  5. 正月講習
  6. 各時期の合宿(自由参加?)

まぁざくっとこんな感じ。

一般的に楽しい長期休暇の時期に、がっつりと鍛えられるのです。

特別講習代としては、平均レベルで考えても、年間30万〜60万程度ではないでしょうか。

6年生の年間の塾代は100万以上は覚悟せよ!

これを余裕と捉えることが出来るご家庭が、本当の意味で中学受験を受けることが出来る、資格を持っているのかもしれません。

理由としては、中学生活なんて、まだまだゴールはこれからの位置にいるわけです。

万が一、途中で息切れしてお金が尽きちゃったら、学歴の最終ゴールでもある大学の時に、辛い思いをしないといけないかもしれないからです。

とはいえ本人がやる気なら何とかしてやりたいもんです。

4年・5年はまぁ年間50万とか

まぁそんなもんで十分でしょう。5年となると多少は焦るかもしれませんが、なんとかなるかもしれません。

目指す学校で塾を選ぶこと

塾といっても色々あります。私立に特化している塾もあれば、中高一貫の都立・区立などに力を入れている塾もあります。

また試験の内容も、大幅に違うことから、案外悩むことになるかもしれません。

塾代に四苦八苦してたら、入学後が辛い

恐らく塾通いをさせている親ならわかっているはずです。受験の合格が、ゴールではないということを。それは何も子供本人だけの問題ではないのです。

まだまだ中学生です。後方から色々と援助する必要がある年齢であり、入学後のスタートからその後のゴールまで見届けることが出来るように、計画的に進めて行くことが必要でしょう。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする