今まさに自分の住んでるマンションの相場や査定価格が異常に気になる!

日本のマンション価格がすでにピークを過ぎて緩やかに下がってきているとも言われております。

しかしそれでも、リーマンショック時に比べると高い?どうなのでしょうか。

新築分譲マンションなどのチラシを気にしてみることもあるんですが、案外その時期と対して変わらないような気もします。

それでも当時より多少は価格が高騰しているのは間違いのないことであり、都心部に入ると顕著にその効果は見られます。僕がマンションを購入して約8年。

今9年目なんですが、この9年間の間に、数家族が引っ越しを行い、その後新しい家族が入居しています。

ここ数年の価格高騰で、自分のマンションが今売ったら一体いくらになるんだろうと気になりだし、「自分のマンション名 価格」なんて形で検索したりして調べた時期も2年前から多くなってきてます。

結局売却したところで、次どうするの?が問題で調べるだけで終わるのですが、大切な自分の資産価値を知っておくことは大切なことでもあります。

スポンサーリンク

自分のマンションが売りに出ていると価格が気になる

そりゃ当然ちゃ〜当然の話でしょう。お金のことでありあまり人には言えませんけど、思いっきり気になります。

今のところ僕の住む8階は売りに出たことがないようですが、それでも気になります。

実際に売りに出ている価格、売り出し期間などを見てしまう。

自分のマンションの価格査定を行うことで価値を知ることも大切ですが、実際に同じマンションが売りに出ていると、今まさにその価格が、売り手の相場と考えることが出来ます。

あとは売り出してからどの程度の期間が経過しているのかもポイントとしてみてます。あまり長期間売れていないと、人気ないのか?ってマジで凹むわけです。

その気はないけど乗り遅れた気も少しは感じている

僕の知り合いで東京都中央区の1LDKの分譲マンションを約8年前に購入しました。そして去年売却しております。

金額は伏せますが、買った時よりも高い価格で売却できたそうです。それも相当高めで。

まぁ1LDKというそもそも4人家族では基本的には想定していない広さの部屋になりますが、それでもこれがまさに「いい時期にマンション購入して、いい時期に売却した」という模範的なケースなんでしょうね。

こういうのを目の当たりにしていると、なんだか自分が乗り遅れてしまったのか?と少しは感じるんです。

先にお伝えした通り、自分のマンションを今売却して儲けたとしても、これから購入するマンションはさらに高くなっているんだと思いますし、そうなると新しいマンション購入は諦めることになるかもしれません。

資産価値が下がるという不安は消えることはない

これだけはマンションや戸建て・さらに土地を購入した人にとっては避けて通れない道であります。

住み続ける以上は資産価値の価格変動と一生付き合っていくことになります。

正直不安がっても仕方ないですし、不動産投資の目線でマンションを購入しているわけでもないです。

それでも数千万もするマンションを、明日の自分がどうなっているかの保証もないまま、最後は勢いで購入している訳ですので、売る売らないは別として、そして常に不動産価格の変動とにらめっこする必要はないにしても、多少は知っておくこと、調べておくことがとても重要なんでしょう。

確かに知ることで不安になるかもしれませんが、知らないうちに「あんなこと」や「こんなこと」されて、八方塞がりになるよりはマシなんじゃないかと思います。

楽しく暮らすのが一番ですよ!

くどいようですが、自分の所有する資産の価値を知ること自体、大人として当たり前とまでは言いませんが、知っておくことで損することはないです。

しかし、そこばっかりになるとなんだか窮屈な暮らしになりかねません。

やっぱり一番大切なことは家族みんなで楽しく暮らすことでしょうし、そもそも楽しみをより深く、そして気持ち良くさせるために、ほとんどの家族はマンションを購入しているのだと僕は信じております。

よって、価格を知るのは自分の貯金が今いくらあるのか?と同じレベルで知る必要があり、普段の暮らしにまで影響を与えるような過度な心配はする必要はないと思います。

マンションのコミュニティールームの使用料金を上げてみたいと思ったことない?
コミュニティールーム、キッズルームなど呼び名は様々ですが、分譲マンションによく共有スペースとしてマンションの住人たちが楽しむための、レンタル...
スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする