人工芝になると脚力半減するの?ちょっと芝のグラウンドが少なすぎる

サッカーって走れなくなったら終わりのスポーツです。それは足が速いとか、遅いとかの次元ではなく。。走ることが一番大事なのです。

もちろん、いつ走るの?っていうタイミングや、今走らないとっていう時に、全力全快でお願いしたいのですがね。。

そして今回。。っというかずっと僕が勝手に?思っていたこと。

人工芝のグランドになると急にモタつく子供たち。そんなこんなで、いつものように少しだけ考えてみました。

スポンサーリンク

人工芝はフカフカしか感じで慣れない

正確にいうと、慣れていない!って感じですかね。まぁサッカーチームによっては、ホームグラウンドが、人工芝のサッカーチームもあります。

そういう子供たちは普段から練習しているので、慣れているとは思います。

基本的に砂的なグラウンドがメイン

大抵のサッカーチームは、基本的には砂メインのグラウンドで練習しているでしょう。小学校や河川敷など、本物のサッカーの試合だとすれば考えられないような、環境の中で練習や試合をしているのです。

硬いグランドからフカフカの絨毯へ。。

普段から「カッチカチのグランド」をメインとして練習や試合をしている子供たちにとって、人工芝は「フカフカの絨毯」のような感じになります。

足を踏み入れると、スパイクがズボッと中に入る感じさえ受ける。

見た目はすごく良く感じるけど、「カッチカチの砂の上」を走り回っている子供たちにとっては実はかなりの違和感がある。

人工芝になると走るの遅くない?

これなんとなくかもしれません。実際に何か実験したわけでもなく、研究したわけでもないですが、たまーに人工芝で試合をやると、全然動きが悪い!

そしてなんか、走るのが遅く感じる。モタついた感じというか、どーもモッサリとした感じにプレー全体が見えるんですよね。

実はトップチームはそうでもない!

とここでそうなんです!って感じです。実はトップチームともなると、砂だろうが、人工芝だろうが、しっかりと走れるんです。

要は脚力?筋肉?の問題じゃーないか?

多分大いにそうだと思っちゃいます。結局のところ、人工芝になって、モタつくのはやはり脚力がない証拠なんじゃないかと。。

「ふくらはぎ」の効果 子供達がふくらはぎに筋肉がついてきたのを見逃すな!
サッカーやってる人って基本的に足が太くなるのは避けて通れない体の悩みです。と言ってもそんなに太くならない人もいらっしゃいます。 ...

(人工)芝のグラウンドが少なすぎる!

これは致し方のないことかもしれませんが、どーも(人工)芝でサッカーが出来る環境が少なすぎるような気もします。

まぁ環境だけ良くしても、良い選手が生まれるかどうかはわかりませんが。。。

それでも、やはり本当はサッカーというスポーツは、芝でやるのが本当ですから、できればもう少し、その辺りの環境整備をしてもらえると嬉しい気持ちでいっぱいですね。

しかも、うまい子供達だけの特権じゃーなくて、ごく普通にサッカーチームにいれば、全ての子供達が常にとは言いませんが、もう少しだけそういった経験があれば良いんじゃないかと。

切に願います。。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする