4人家族、3LDKのマンションだと2段ベッドは必須アイテムだと気付いた

もう無理!マンション生活9年目にしてそう感じましたね。3LDKの約70平方メートルの、こ狭いマンションで4人家族で暮らしていると、そう感じる時が必ずくる。

収納スペースの少なさと、寝室の確保はマンション生活の最大の課題であり、難関なのです。

これまで入居当初使用していた、ベッドを捨て、4人家族川の字で寝る生活をおくって来ましたが、流石に子供がデカくなると厳しくなってくる。

僕はケチなので耐えに耐えてきましたが、寝相の悪さに、もう辛抱たまらん!

マンションの寝室にベッドがいらないと8年目にして判りました

スポンサーリンク

2段ベッドの快適さ

僕自身子供のころ2段ベッドを利用したことはないのですが、2段ベッドにすることで、明らかにスペースは増えます。

だってそれまでシングルを横並びにしていたものを、一人分少なくなるわけですから、自動的にスペースの空きが出ますからね。

組み立てが辛い!

とは言っても、僕はケチなので2段ベッドも安価なものに押さえてます。理由は数年後には捨てることを想定しているので、あまり高価なモノを買っても仕方ないかと思うからです。

しかしそうなると、基本的に自前で組み立てが基本になります。

得意な人なら苦になりませんが、子供の頃からプラモデルさえマトモに完成させたことがない不器用な僕としては、ベッドの組み立ては非常に苦戦しました。(しかも重い!)

とは言えそこは大人です、基本的に説明書となんとなくの感じで組み立てることは出来ます。

組み立てる前にイメージしておく

2段ベッドを組み立てる前に、置いた後、その部屋のスペースをどのように利用するのかをしっかりイメージしてから組み立てるこをオススメします。

なぜなら、一度組み立てた2段ベッドを動かすことが困難であるからです。

まぁ動かそうと思えば動かせますが、フローリングなどが傷つく可能性もありますので、慎重な作業が必要でしょう。

エアコンの位置関係

2段ベッドを何処に設置するのか?ここでポイントとなるのが、部屋のエアコンでしょう。エアコンの位置によっては、2段ベッドの上の段に、風が直撃するという不都合が生じてしまう可能性もあります。

だけど、部屋の構造上どうしても、設置したいと思うのであれば、エアコンの風向きをしっかりと調整してどの程度まで大丈夫なのか?を組み立てる前、もしくは2段ベッドを購入する前に確認して置いた方が無難です。

必ずゲージ付きを買うこと!

僕はケチですが、安価なものであるのが、下の段のベッドにゲージがないパターンです。これはこれで、寝起きや夜中寝ぼけた時に、つまづくことも想定されるので、考え方はそれぞれでしょうが、ゲージがないと結局のところ、転げ落ちてくるのでは?と思い、ゲージ付きにしました。

上と下で喧嘩する

兄弟、姉妹で2段ベッドを買えば必ず起こりうる、「上で寝るか?下で寝るか?」のやりとりがあります。避けては通れないでしょう。絶対に無理でしょう!

しかも子供達の気分次第に委ねられており、「今日は上で寝たい、今日は下で寝たい」などとデイリーで、寝る場所をどっちにするか?のやりとりを、静止、抑制しなければならない覚悟は必要です。

これが毎日続くことになれば、それだけで親にとってはイライラする原因になります。

なんでもそうですが、知らず知らずに親が、子供へ「火種をまいてる」ことも実は往々にしてあります。2段ベッドもひょっとしたら、そんな感じなのかもしれませんね。

2段ベッドで他の部屋の見直しも出来る!

2段ベッドにすることで、他の部屋の整理も可能でしょう。4人家族で3LDKだと、ウチだけかもしれませんが、1部屋は荷物置き場と、大人の衣装部屋のような感じになってます。

しかし2段ベッドにすることで、本来寝室として利用してきた部屋に少しは、移動することも可能です。またベッド下収納も上手く利用すれば、さらに狭苦しいマンション生活が快適になるかもしれません。

一気に子供部屋に持っていくのもアリ?

僕はしてませんが、少しは考えました。この際、1部屋を子供部屋として子供のもの全てを、その部屋にブチ込もうかとも思いました。

しかしこれは考え方と間取りの問題になるんでしょうが、僕のマンションの間取りは「田の字型」という簡単に言えば、庶民の間取りとなってますので、子供部屋としては、もう少し先の話として今回は行なっておりません。

マンション選びの一つの選択肢『将来を見据えた間取りを選ぶこと』
マンション選びのポイントの一つである間取り。細かなところは除いたとして、間取りには、二つのパターンがある。 田の字型とセンターイン ...

最後に

正直なところ、2段ベッドはあまり好きじゃありませんでした。僕自身が利用したことがないということもありますが、なんだか貧乏くさく感じるからかな?

でも決してそうではない、2段ベッドの快適さを感じております。

当然ですが、毎日どっちで寝るかのやりとりは勃発しております。それでも子供達は目新しいものが好きなので満足はしているようですが、いつまで持つかね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする