知りたくなかった!マンションの理事メンバーになって一番辛いこと

マンションのこと

マンションの理事会は、マンションに住む以上必ずその役目が回ってくる。でもマンションの理事になると、これまで知らなかったことまで知ることになってしまう。

まぁ組織で言えば、経営層に入るわけです。

世の中でもそうやって知らなくてもいいことを、知ってしまうことになるのが、経営層というもの。

その中でも僕が最も知りたくなかったこと。。

スポンサーリンク

管理費などの高額滞納者リスト

野次馬根性であっても知るもんじゃーないことだとは思う。それでも仕方のないこと。だって管理費や修繕積立金の未納者が増えれば増えるほど、マンションのメンテナンスへの影響が出てくるわけですから。

基本的に理事でもない限り、報告書にはイニシャル的な、「アルファベット表記」で「Aさん10万円、とか、Bさん5万円」みたいな感じで記載されている。

この状態なら、色々勝手に想像はしてみるものの、誰かはわからないので、意外と悪いけど楽しかったりするんです。

マンション取得で迷うこと「どっちが得なんですか?」の疑問
まぁ色々な角度で悩みますよね。家を買うことについて、「結局どっちが得なのか?」たくさんの比較サイトも...

 

しかしこれが理事になると話が変わるし、何よりもいやーなことが、少しだけある。

 

子供の同級生の家庭が高額滞納者に入っている!

まずこれ辛いよねー。こりゃー子供には見せられません!中にはそれをネタ的な感覚で、平気に子供に話してしまうような「ゲス的ネタが大好きな」人もいるかもしれません。

とにかく参る話です。

気にするな!と自分に言い聞かせたとしても、やはり気になるもの。これまでは、なんとも思わなかったことが、やけに気になってくる。

ホント知らなかった方が、快適なマンション生活をおくれるような気がするけど。。

 

高額納税者への督促状況がレポートとなる

生々しいというか。。。取り立て行為って、その世界の専門の方以外でも、やらないといけないこともあるんだなーって、ひしひしと感じる。

しかもその状況をちゃんと、報告用のレポートとして残してある。そしてそれに目を通すことになる。

  • Aさん宅へ訪問、未収金の案内と、いついつまでに返済することを約束
  • Bさん宅へ訪問、返済計画を立ててもらい、いつから返済することを約束
  • Cさん宅へ訪問、不在のため、督促状をポストに投函する。

まぁその他細かく言えばまだまだ。。

こんなことを理事会の時に、報告されいったいどうしろっていうのだろうか。。

 

マンションの管理費・修繕積立金は必ず発生することを再確認して購入してほしい。

言いたいのはこういうことかもしれな。住宅ローンは返済が済めばそれで終了。(35年ローンなんで、そんなに甘いもんじゃーないことは知っております。)

しかし、管理費・修繕積立金はマンションに住む以上、永遠に支払うことが前提となる。

この負担を住宅ローン以外に、ちゃんと最初から想定しないと、後で痛い目にあうということなのです。

 

修繕積立金のシュミレーションはあてにならない

だいたい新築分譲マンションを購入する際、見せられるのが修繕積立金の将来展望のようなもの。年数を重ねるたびに、修繕積立金が上がっていくということ。

これが想定内に入っていれば、それはそれでラッキーなこと。

だいたい10年目近くになってくると、予想していたこととは、少し違う費用が必要となったりする。またもう少し先の20年目を想定すると、修繕積立金へのマンション住人の負担をさらにパワーアップさせる必要も出てくる可能性が非常に高いということ。

そのあたりのところを、ギリギリやしっかり計算みたいな感じではなく、余裕たっぷりの思いで臨むくらいでマンション購入にあたるれば、大きな失敗もないし、高額滞納者となり、自分の子供に悪影響を与えるようなことも、避けられるのでは?と勝手に思う次第です。

マンションの維持費を戸建との比較対象に入れるのはナンセンスだ!
家を所有するということは、長い目で見るとそれ相当のお金がいるのです。 戸建でありマンションであ...

 

スポンサーリンク
マンションのこと
スポンサーリンク
シェアする
eQcommonをフォローする
eQcommon – side B