少年サッカーのポジションで一番重要なのはどこ?

サッカーのこと

まさに永遠に解決しそうにないテーマに迷い込んだ感じがする。ポジションへのこだわりや、イメージというのは、あくまで妄想の世界にすぎないような気もする。

それでも、やっぱり「それありき」で物事を考えると、外野は非常に楽しみを覚えるもの。

特にサッカーは、ゴールキーパー以外の専門性というとう野球ほどでもないので、「マイ・ベストポジション」を妄想してしまうものなのです。

スポンサーリンク

一番重要なポジションはどこ?

ズバッと答えましょう!

いっくら考えても、どれだけ考えても、少年サッカーで一番重要なポジションは、ゴールキーパーです!

という答えが出ると、多分ちょっと違うでしょ?

でもゴールキーパーなんです。

 

ゴールキーパーが弱いチームは勝つのが難しい

チーム力の差が明らかに違う場合は、そうでもないでしょう。しかし、チーム力が拮抗すればするほど、学年が上がれば上がるほど、ゴールキーパーの依存度は、めちゃくちゃ上がるのです。

 

軽視してないけど、なり手がいない

難しいですねー。ゴールキーパーを好んでやってくれる子供なんて滅多にいません。ほとんどの子供が嫌がります。

そして子供の親さえも、我が子がゴールキーパーをやるのを嫌がります。何ならディフェンスをやっていることさえ、嫌がる親もいるもんです。

ってなわけで一番重要なポジションはゴールキーパーで決定!

ってこれじゃー満足いかんですよね。

少年サッカーで一番難しいポジションは?と聞かれたら答えは1つ!
子供らしい考えです。サッカーで一番難しいポジションはどこ?ん〜っと悩むフリはするけど、答えは一つしか...

 

あえていうならセンターフォワード

まぁ本当はゴールキーパーなんですが、あえて言うのなら、センターフォワードですかね。だってサッカーは点を取るスポーツなんです。

そう考えれば、センターフォワードになるんだろうと思います。

特に少年サッカーでは「システム」とか「組織力」とか、それっぽい言い方ありますけど、やっぱりずば抜けた子供いたら、それだけで結構いけちゃうもんです。

 

センターラインは皆んな重要

もう一つ被せるなら、センターフォワードからゴールキーパーまで、とにかくセンターラインは重要なポジションだとは思います。

しかし、どこがどうって訳でもないでしょうから。

それは子供を、そこを妄想して期待する親で決めれば宜しいかと思いますね。

サッカーチームのポジション選び①上手い子供は真ん中・下手な子はサイドです
まず最初に『サッカーが上手い子供=テクニックがある』ではございません。 子供のサッカーでも一応...

 

重要ポジションという考えかた

多分ですけど、すべてのポジションが重要な訳ですよ。ポジションありきの話ではなく、その子の適性や性格にもポジションは左右されるもんだと思います。

しかもそれも、小学生限定であり、より細かく言えば、小学生低学年では、ディフェンスばっかの消極的な子供が、高学年になるといきなり、バンバン点とりたいオーラ全開ってことも珍しい話ではないのです。

 

最後に

少年サッカーで重要なポジションを考えているのはおそらく、子供の親だけじゃないかなぁ。でもその気持ちはわかります。

だって自分の子供で大好きなサッカーを妄想しまくれるんですから!

それは楽しいひと時であると思います。

僕もそうでしたからね。