子供がサッカーを辞めたいと言い出す時一番ダメだと思う理由

関東は梅雨明けににより、夏本番を迎えます。子供の夏休みで一番大変なのは間違い無くママでしょうね。毎日のスケジュールが子供の休み期間中ガラッと変わりますので。

サッカーチームによっては合宿に行くチームもあると思います。僕も去年合宿に参加しましたが、超暑い!日陰がほとんど無い。。。

夜は飲み会になり、翌朝はエアコンガンガンの環境には非常に申し訳ない、バスの中でずっと寝てた記憶があります。

合宿は子供たちの意識を飛躍的にあげるいい機会でもありますので、もしチーム内にあれば是非参加させてあげてください。

さて今回は、子供がサッカーを辞めたいと言い出す一番ダメだと思う理由になります。僕自身が私的な感覚でお伝えしておりますので一概には言えませんのでご理解ください。

スポンサーリンク

サッカーチームを辞めたくなる時

いろいろと理由はありますし、僕の中では「理由は後付けである!」と思ってますので、彼女に振られても理由は聞きません。(昔々のど〜でもいい話ですが)

子供は違いますよ!ちゃんとした理由があるのです。理由のレベルなんて関係ないです。

もしサッカーを辞めたい理由が、「もっと遊びたいから」が理由であったとしても、子供にとっては立派な理由になります。

辞めたくなるのってある程度学年が上がってからだとは思いますが、小学生4年生くらいまでのまだまだ無邪気な子供たちが辞めたくなる理由って何でしょうかね。

  • チーム内の子供たちと小学校で何かあった?
  • 試合に出れない(つまらない)
  • 他のことがしたい
  • コーチが怖い(大声張り上げる人、まだたま〜に見かけます)

まぁ理由は他にもたくさんあるんでしょうが、僕自身がこれだけは子供たちにサッカーを辞めたい理由として言わせたくない言葉として。

サッカーをやるといっつもパパに怒られるからもうやりたくない!

これなんです。実際に僕のサッカーチーム内にもいらっしゃいました。その場では何も言わないんです。

でも試合中や練習中にも少し離れた場所にいると何か言ってる。多分色々プレーのことを指導やアドバイスしてるんだと思います。

そして多分家に帰ってからや帰宅途中に結構なレベルで詰められているんじゃないかとも想像します。

周りの親やコーチたちも薄々気づいてはいるんでしょうが、そこは親子の関係になってしまい、言い出せない状態です。

そしてサッカーに行くことが嫌になってくるんです。

先ほど挙げたサッカーを辞めたい理由は家族だけではどうにもならない理由なのかもしれませんが、この父親や母親からくるプレッシャーは今すぐにでも止めることが出来ます。

そしてこれだけは、チームを変えても継続されてしまうことになります。

更に上を目指す為に少年サッカーチームを去ることを歓迎したい
最初に一言!子供に限らず誰でも上を目指したいものです。 人によっては「現状維持は衰退であると!」いう人もいます。 僕も仕事ではそ...

サッカー経験者の親が陥る最悪のパターン

もともとサッカーを全く知らない親ならそこまでのアドバイスはできないと思います。

それでもやっぱり、声が出てないとかなど技術的な部分ではないところは、言えますけどね。

サッカー経験者の親は自分の子供が試合や練習をしていると、目を皿にしてみている人もいます。

プロの解説者以上に自分の子供だけを見てますので、細かいミスなども見つけます。また性格なども理解しているので、奥手な子供たちの積極性のなさも気になります。

そして子供に親としてはアドバイスしていると思っているんでしょうが、毎回毎回、サッカーに行くたびに何か言われる。これは子供にとっては相当なストレスになるでしょう。

大人でも嫌!毎日毎日、仕事のことでグダクダ言われたら

まぁそういうことに慣れてる方は気にもならないのかもしれませんけど、少なくとも僕は嫌ですね。

そうすることによって実際にうつ病にかかった人たちも多くいらっしゃるんではないですかねー

言いたい気持ちをぐっと抑えましょう

アドバイスをアドバイスとしてちゃんと受け止める子供なら良い結果が生まれると思います。

でももし、自分の子供がアドバイスを苦痛と感じてると思われるのであれば、一旦何も言わないでおきましょう。

1回・2回じゃないですよー。

子供はサッカーチームに行くことで小学校の友達や、別の小学校の友達たちと楽しく遊びと本気の間の中でサッカーを楽しんでおります。

上手くなって欲しい気持ちはわかりますが、あまり詰めすぎると良い結果は産みませんし、最悪なケースとしては、子供自身が精神的な病気を持つこともになりかねませんので。

子供のサッカーを応援したい親がとるべき究極の応援方法を教えます
子供のサッカーを応援する。子供が何かをやる時、応援しない親はいないと思います。 今回は、僕が結論として「そうするべきかも」と考えついた...

理想と現実

こうなって欲しい!でもならない。理想と現実を一致させることは非常に難しいことです。

ましてや、親自身がやるわけでもなく、プレーしているのは子供であります。

子供に対する理想を現実に変える努力や協力をすることは、親として当然の義務であると僕は思ってます。

また親が持つ理想と子供が思う理想が異なってくるのも、成長とともに必ず起きる摩擦でしょう。

理想の押し付け、理想の押し売りは禁物です。頑張って応援したい気持ちはスっごくわかりますので、ほんのちょっとだけ?相当?どうなのかはわかりませんが見守ることも大事でしょうね。

サッカーチームに殆ど遊び気分で練習に来る高学年をどうするか
モチベーション。よく聞く言葉です。なんならサラリーマンでも使う言葉です。 今回はサッカーチームにと遊びに来てるとしか思えない小学高学年...
スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

フォローする